授業


小学校

週一回 算数、国語を隔週で行います。内容は中学受験の基礎固めにあたる、ちょっと面白い高度なもの。もちろん、お子さんのタイプにあわせてクラスを作り、補習的なことをやる日もあります。早くからやり過ぎて嫌いにならない、ということが大切で す。中学受験は5年生からでも、全然遅くはありません。情報にあおられないで、いい学力をつけたい時期です。後で伸びるための大事なときです。

一番入塾者が多い学年です。受験を考えるかどうかで、遅くとも、夏休みには大きく2つのクラスに分けます。 

算数の学習が何より大切です。確立されたノウハウに従いつつも、その年の生徒さんにあわせて、柔軟に進めるようにしています。また、この時期 に国語の面白さがわかり、勉強への意欲を作ることも重視します。週2回〜4回、知識より、真の理解を目標に勉強しますので、受験のレベルはかなり高いとお考えください。もちろん、いろんな段階の生徒さんもいますので、クラス分けも、徐々にしていきます。六年生の社会、理科に参加を希望されて、加わることも可能です。高い志望をお持ちの生徒さんには勧めています。

中学受験をしなくても、勉強の意欲が思ったよりも高い学年です。周りの多くの友人が勉強していることを、子供たちは敏感に感じています。この知的向上心は すばらしいです。自分でも満足でき、楽しく、かつ学校より発展的なことが楽しめるように、工夫して学力の整備をしています。楽しいながらも、きちんと学習ができるお子さんを募集します。非常にいいクラスです。

5年生からの移行です。学年が変わり、最終学年の自覚がつくと、中学へ行っても困らないように、と、皆、一生懸命に算数、国語に取り組みます。理科や社会に興味があって、受験クラスに参加されるお子さんもいます。中学受験で取り扱う思考力の問題も体験できます。自信と、意欲を持って中学へ進学できることが一番です。週1〜2回 6年後半は、中学数学、英語の準備に徐々に切り替えます。途中入塾でもご心配には及びません。

中学校

公立中、私立中を問わず、だいたい一緒の授業を進めています。公立中学のお子さんにとっては高い内容で、進度も学校より、少し先をいきますが、学校の授業 の理解はよくなり、内申点をしっかりとることにつながります。これまで勉強が得意でなかった方も、毎週お通いになれば、ついていけるようにやっています。ご心配はありません。また、忙しくて時間やニーズに合わない生徒さんには、個別授業で対応します。英語、数学が常時開設されています(週1〜2回)。春、夏など長期休みには、国語の読解、文法学習の講習を開きます。理科、社会についてはご相談ください。(2、3年生で本格的にやります)

英語、数学においてはできる子はどんどん発展的にしていきたいので、2年前半のうちに基礎の総復習、基礎固めを行います。これまで不振だった人も、どんどん改善されていきます。その中から、意欲に応じて、高い志望の子には速い進度で、中堅の志望であれば、確実な得点力つながる演習を積みます。後半クラスを分けていきます。12 月から、3年生の内容に入ります。理科、社会の指導を早めることも検討中です。(3年で本格化)

3月からは理科、社会の復習を始めます。週2〜4回通塾(ご自分で選べます)のかたが多いです。英語、数学は余裕の有る無しで、少し控えてでも、他教科を完全にしていきます。都立、国立入試の難易度の高い理科、社会に対応するためです。また、2〜3人で授業をすることで、非常に収穫量の多い時間が過ごせます。じゅうぶん学力が高まって高校へ進学することが大切です。

「塾に甘えない」ということを前提に指導をさせていただいております。しっかり学校の授業の予習をする、テスト対策を自分で工夫して確実にこなしていく、まあいいや、と捨て科目を作らない。自分の力を6年間で育てていく感覚を身につける。以上のようなことを手伝いながら、自覚を高 めるようにしています。自力でこういったことができてくると、成績も上がり、しっかりと した人になり、ひいては大学入試にも、真摯に取り組むようになります。通学も時間がかかり、忙しい生徒さんだけに、自分で勉強していくまで、なるべく少ない教科で通塾がいい刺激になるようにと、願っています。また、つまずいてしまっている人には、安心して通学できるようなサポートをします。

高校生

昨今の大学入試は多様です。高校生が思っている以上に、日々の積み重ね、努力の継続が大切です。ですが、きちんと勉強してい ます、と言える高校生は少ないものです。多くの人が、高校に入ってもまだなお、ワークや問題集をやることが勉強だと思っているようです。理論が大切なのに、わからないまま数学の公式を覚えて使っています。英語は単語を覚えるものだと思っています。勉強のスタイルとつかみ方を、早く大学生の勉強方法に近づけて行くことが、大切なのです。自分で参考書を読む。自分で単語を調べて理解を深める。本から学びつつ、さらにどういうことが必要なのかを知るために、高校生の塾は存在します。そこまで必要なのか、と気づいて欲しいとおもいます。

夢 樹 雨 風 鳥 宙
日誌 科目 その他 アクセス