.....

作文・編入クラスへようこそ。そして、大学推薦試験!

2016-11-10

前回、大学入試から中学受験まで、入学試験が様変わりであることを、お伝えいたしました。

もちろん、これはとてもおおきな変化ですし、さらに、今まだ、その変化の真っ只中!ですので、とてもとても、一度や二度では語りつくせません。

 

ここ数年、永見塾では、

 

小学校の編入試験 ・ 帰国編入試験 ・ 推薦入試 ・ 大学AO・公募推薦 

 

こういった試験対策や、フォローアップ、学校紹介と進学相談 ・・・などを多くさせていただいています。

小学校では、5年編入試験に2名、帰国生は、小学校はもちろん、中学1年〜高校2年まで、数多くのお子さんと、先方の受け入れ校との間にはいって、入試対策を行なっています。

 

 

実際に、このニーズ、ご相談はどんどん増えています。

 

みなさま、「どういったチャンスがあるのだろう?」というご関心をお持ちです。切迫して、どこか探さなくちゃ、という方もおられます。でも逆に、「こんな可能性があったんんだ!」と、おご両親様も、ご本人も気がつか泣いておられた、「その子の良さ」を、私たちがひょんなことから見つけられた・・・そんなケースが増えてきています。

 

学校のご紹介も、多く手がける様になって参りました。

 

 

それとともに、いろいろな学校の先生方や、副校長先生、広報部長の先生方と知り合うことができて、「先生、うちの塾に、素晴らしい生徒さんがいらっしゃいます!ぜひ、貴校を受験させていただきたいと、ご両親様もおっしゃっています。」という様に、ご紹介申し上げることが、本当に多くなって参りました。

 

学校の方も、塾に対しては、体験オープンで好意的です。ホームページや、様々な説明会はあるものの、「検索・リサーチ」というものは、「はじめに関心ありき」ではないでしょうか。関心を持ったから調べるのですし、関心があるからこそ、申し込みをするのです。

 

そう考えますと、この進学相談の仕事は、「進路コンサルタント」みたいなものですが、いっって見れば「学校探しキューピッド」です。

 

現代の様に、さまざまな人間評価を、企業や大学が心がけ、多くの物差しが、これから教育の場に持ち込まれようとしている時に、意外にも大切なのは、一般的に「誰にでも手に入る情報」ではなくて、「特別に、その方のためにある情報」なのです。

 

情報は大事です。  でも、その情報は、あくまでも、「あなた」や、「あなたのお子様」にとっての情報でなくてはならないのです。

 

 

ここに、「人」の存在が、浮かび上がってきませんか・・・。

 

これからの世の中、「何がいいのか、情報がいくらあっても、「よくわからなくなってしまうんだよ」」そう、お子さんたちに話しています。

 

「自分は、、」って思える力。選べる力。 これこそが、「21世紀を生き抜く力、情報の氾濫する乱世を生き抜く力」に相違ない。と最近は確信しています。

永見塾は今年10年目を迎えています。でも、一度として、「同じことをやっていた」年はありません。小さな塾だからこそ、いいのです。小さいものは速く動ける。

 

昆虫は、その体のつくりが左右対称であることが、この世で最も速く動ける要因だそうです。

 

塾も、私たちも、乱世では、速く動くことが大切です。瞬間の判断力が大切でしょう。

 

 

最後に、「作文の時間」のお話をしましょう!

 

今、毎週月曜日に、小学生の作文の授業を行なっています。これに、毎回10名を超えるお子様がいらしてくださっています。様々な作文の形がありますので、新聞記事を読んで要約する、ですとか、記事を読んで感想を書くなど、そういったこともやっています。これが大変に、楽しく有意義です。

 

「いい、正しく読むこと。そして、ちゃんと考えて読むこと。反応するんだよ!ぼーっと読んじゃダメ。鋭く読んでね。色々なことに気がついて。」まず、その様に声をかけ、実際に「鋭く読む」とはどういうことであるのか、、を実践します。

それから、「今度は、ちゃんと正しく感想を持ってね。意見を持つんだよ。そしてね、それを今度は、みんなの前で発表するの。そのために、作文を先に書くんだよ。」と進めます。

 

作文を書いておくと、自分について、自分が持っている印象が、意外な形で現れます。面接試験の前には、このトレーニングが、とても大事です。

 

「私は・・・」こうやって話せる様に、なっていきます。

 

 

こも授業、最近流行りの「公立一貫校入試対策」とか、そんなものではありません。「塾は、お金儲けをしてはならない」と私は思っています。教育の端くれでしかないけれど、塾だって、お金を目的にしたら、もうゴールが変わってしまいますから。それは、芸術でも、スポーツでも、同じことではないでしょうか。

 

愛してやるからこそ、人の心が動くのです。

 

入学試験や、面接、自己アピールのAO。 目的は、相手の心を動かすことです。

 

 

私はこういう人間です。こんな経験をしてきました。こういう風に生きていると、気持ちがいいんです。

もっとこういうことを続けたいと、今は思っています。だから、こんなことを今、取り組みとしてやっています。

どうか、こんな私を、いいな、と思ったら入学させてください。もっと伸ばしてください。場所をください。

 

これが、入試の心です。

 

 

これは、学力試験でも同じことです。実は、、、。表現の仕方が違うだけ。毎日の人との関わりも、同じではないでしょうか、。これを実は、コミュニケーションの第一歩、というのだと、なんとなくおもっています。

 

ですから、この作文クラスは、受験をするとか、しないとか、どうでもいいのです。でも、お子さんに、「求める力」がつきます。

 

お父様、お母様、どうぞ、この塾に気づいてください。

私たちは、お客様の方から、「動いてきてくださる」ことを望んでいます。「求める力のあるご両親様のお子さん」は、皆素晴らしいのです。

永見塾は、入塾テストはいたしません。求めてきていただきたい。

 

情報化の時代になって、いちばんたいせつなのは、肌身に触れる情報。

 

どんなに機械が発達しても、頼りにするのは人の心と思いやり。「あなたに、と差し出された情報。」 口コミ、と言いますが、お友達からえた情報や、直接尋ねる勇気、これが大切です。

いつもお待ち待ちしています。お互いに求めようではありませんか。

by Nagami Prep School 2016-11-10