News & Noteお知らせ、授業日誌

閉塞

コロナがもたらした混乱は、社会をどんどん変えている。
今まで季節ごとに、時期がきたら、と行っていた予定行動が出来ない。なんだか不思議な閉塞感がある。ある時までにこれをやらなくては、、。そんな緊迫感はない。でも、気味の悪い緊張感がある。

何もかも予定通りでないのに、予定されていたことに近づけようとしている、そういう無理が、なんだか辛い。
みんなが無理をしながら、休み方を忘れてしまった。
そんな感じがする。

ゆっくりしていて、休んでいない。そんな気持ちの悪い閉塞感が漂う。コロナのせいで、出来なくなったことが、たくさんありすぎて悲しい。

思い出作りさせてください。

文化祭。部活。体育大会。合唱コンクールに、球技大会。

なんでもいいんです。思い出を。

そんな高校生の声が聞こえる。

笑う、騒ぐ、怒られる。
じゃれて、くっついて、ずっこける。
そんな当たり前が、どうしていけないのか。
感染するから。ほんとうなのか?耳を疑う。
でも、試すわけにはいかない。
代償にできるものが、みつからない。
やってみて、もしだめだったら、、。
命を担保に何が出来よう、、。

そんな縛りを、誰もが気にしている。
私たちはみんな、見えない鎖で繋がれた囚人のようだ。

命を失くすかもしれないよ、、。

そんな風にささやく変な鎖だ。

移動の自由は、命の次に大事だという。
好きな時に好きなところへ行って。
海を見たり、街をぶらついたり。
好きな人に会いに行って、一緒にどこかに出かけて。
声を出すことも、歌を歌うことも、たしか大事なことだった。誰かに自分を見てもらうことも、大勢の人と顔を合わすことも、大切な時間だったんだ。

まだ来ないの、もう!あんなに言ったのに!!

待ち合わせにいつも遅れる友達を、文句を言いながらみんなで待つ楽しさ。そんあ”集い“の楽しさも、すっかりどこかに消えてしまった。
たまに日曜日に会う友達の、「あ、こんな服装のヤツ?」なんていう驚きも、楽しい集いの、失われた一コマだ。

コロナ、コロナ、もうクルナ。

コロナでなくても、また何かが来るのだろうか。
私たちの「会う」を奪わないで。私たちは一緒にいたいだけ。
顔を見て、笑って、ゲラゲラと、お腹を抱えて、、。感染という重石にぐっと圧されて、今日も息が、なんだか苦しい。

コロナ、もう来なくていい。

 

 


あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること
Your happening, has happened, will happen
by Olafur Eliasson

- - -# : , , , ,